スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレージキットの作り方 色塗り編3 瞳をぬっちゃう

サッカーワールドカップ、日本初戦負けましたね・・・
自分がリアルタイムで見てるときはたいがい負けてる気がするので次戦は見ません(;´Д`)


ともあれガーレージキット作成講座?の最終回の瞳の塗りです。


最初に説明です。自分は瞳の塗りにタミヤのエナメル塗料を使っています。
エナメル塗料の特徴は塗料が乾燥してからもエナメルシンナーでふき取れること。
そしてエナメルシンナーはラッカー系塗料、アクリル水性塗料を(あまり)溶かさないことです。

 実際には極々少量溶かすのですけど。マスキングで失敗して塗料がはみ出した場合、
エナメルシンナーつけた綿棒等で擦ってやるとはみ出しが取れる場合もあります。
なのでマスキングする前にラッカークリアーでコ一度ーティングしておけば
もしラッカー塗料がはみ出してもリカバリーしやすいです。

話がそれましたw
このエナメル塗料を使えば塗りを失敗しても何度でも書き直せるのです。
そして一工程終えるたびにラッカークリアーでコーティングしていきましょう。
コレでその上にエナメル塗料で色を塗り重ねてもし失敗しても
クリアーでコーティングした部分は消さなくてすみます。


自分の場合瞳を塗る場合目の上の部分にスモークグレーで影をつけていますがコレは無くてもいいかな?
完全に自分の好みの問題です。
まず、瞳孔と目の輪郭を引きます。
今回はクリアブルーと少量のブルー&レッドを使いました。ブラックは極力使わないほうがいいと思います。
ブラックを使うと極端に黒く見えてしまうので、使っても極少量がいいと思います。

IMG_0914.jpg

目線はここでしっかりと決めておきましょう。
目線がすれる、特に斜視になってしまうとガッカリな出来になるので気をつけて。
はみ出してもガイアノーツのフィニッシングマスターでふき取っていきます。
自分の場合、筆で書いているというよりもフィニッシングマスターでふき取って
形を整えている感じですw

書き終わったらラッカークリアーでコーティングしてしまいましょう。


次は虹彩をかきます。
これもキャラの設定とか好みの問題はあるので書かなくてもいいですね。

IMG_0917.jpg

これもあんまり自己主張したくないのでクリアブルーで虹彩入れました。
書いたらラッカークリアーでコーティング。


で、瞳の色をつけていきます。
写真見難いですね。ゴメンナサイ:(;゙゚'ω゚'):

IMG_0918.jpg

クリアー、クリアブルー、クリアレッド、ブルーを使いました。
塗り方は人によって本当に色々あるみたいですが
自分の場合、ほとんどクリアー系で塗っています。
少しずつ塗り重ねていってグラデーションつけてい行ってます。
逆にグラデーションを薄くしたい部分ははエナメルシンナー付けたで筆で軽くふき取っていきます。
書き終わったらラッカークリアーでコーティング。


またまたみ辛くてすいませんww

IMG_0919.jpg

瞳と白目の境界線の色が弱かったのでスモークグレーを塗り重ねました。
ついでに瞳孔にも塗っています。


IMG_0920.jpg

最後に(フラット)ホワイトでハイライトを入れます。
これは躊躇無く濃い塗料をドン!と筆でおく感じで。
こちょこちょやってると汚くなります。たまには漢らしくな!!!(゜∀。)ワヒャヒャヒ
乾いたらラッカークリアーでコーティング。瞳はここで終了。


次はまつげ。

IMG_0922.jpg

クリアブルー、クリアレッド、ブルー、フラットブラウン、極少量のブラックで塗りました。
コツは・・・・・・フィニッシングマスターでふき取りながら書くことw
書いたらラッカークリアーでコーティング。


つぎまぶた。

IMG_0923.jpg

クリアーオレンジ、フラットブラウンあたりが安定しているかな?


まゆ毛だよ!

IMG_0924.jpg

これは髪の毛よりもちょっと濃い目の色がいいかな?
あんまり薄いとまゆ毛が見づらいです。
まゆ毛1本1本を意識していくような感じで書いてます。
そして書いたらラッカーくり(ry


唇の塗りと、ちょっと小細工1

IMG_0925.jpg

唇はクリアー、クリアーオレンジ、クリアーレッドで。
あとまつげ、まゆ毛辺りをクリアー、クリアーオレンジで軽くなぞってます。
コレをやると色が肌色となじむ感じがするのでお勧めです!

これで塗装は終わりなのでラッカーつや消しでコーティングしましょう。
艶を消したら唇をクリアーで塗って少し塗れた感じに仕上げます。


小細工その2

自分は隠し味としてコレ使ってます。

IMG_0926.jpg

パステルです。使うのはオレンジとピンク系、画材屋さんで売ってます。
コレを1000番のペーパーで削ってます。
あとベビーパウダーを少量加えてます。

こやつをアイシャドー代わりに筆で塗りつけます。

IMG_0927.jpg

あと頬の辺りに乗っけてもOK。
あとあと指の間、耳の中やおへそとかの塗料の乗りにくい部分にすり込んで
塗装代わりににも使っていけます。
これも凄くオススメですよ!


顔の塗りは以上ですね。
ただ自分はこうやっているだけでもっと良い方法は多々あると思います。
そして自分のやり方は大間違いの部分も多々あると思いますwww
ので1つの参考程度に見ていただけると幸いです!
スポンサーサイト

ガレージキットの作り方 色塗り編2

ワンフェスまで2ヶ月を切ってますが、ワンフェス出品分の商品は全部複製&梱包終わってます。
梅雨に入ってしまうと湿気のせいで複製時にレジンキャストに気泡が入ってしまうので
複製さっさと終わらせてしまいました。


ただ1つも版権まだ通ってないんだけどね!!!!
版権と通らなかったらほんとにタダの燃えないごみですヨおはようございます。


前回の続きになりますガレージキットの作りからですが
やっと塗装に入ります。

とはいっても普通の塗装は大して書くことは無いかなww

まぁコツ?としてはマスキングしやすいところから塗っていくのと
色が淡い色の部分(白とか黄色)から塗っていくのが基本ですかね?
ただなかなかにマスキングしやすいくて淡い色の部分も都合よく存在しないので
自分の場合はマスキングしやすい部分から塗るようにしてます。

こうやってマスキングテープを細かく切ったものをペタペタときれいに貼り付けていきます。
マスキングの出来が塗装の出来に直結するので気合で綺麗に張りましょう!
IMG_0892.jpg

あと模型雑誌にマスキングテープを部品に貼り付けてそのまま境塗装界部分をナイフで切ると
部品を傷つけてしまうので絶対ダメ!的な事が書いてあるのを見たことがありますが
新品の刃のナイフなら全然切っちゃって大丈夫だと思いますよ。
相当な力を入れて切るとダメでしょうがねwww

マスキングテープを貼り終わったらマスキングテープの上からマスキングゾル(液体のマスキング剤)
を塗っておきましょう。マスキングテープだけだと思わぬ隙間が出来てしまうので保険ですね。

マスキングゾルが乾いたらぶしゅーっと色塗りです。
IMG_0893.jpg

フィギュアの場合はかなり派手目にグラデーションかけちゃうぐらいがちょうどいいかも知れません。
写真撮る場合は特にね。

普通の塗装は以上ww
好きな様に塗っていただければ良いかとwwww


で、フィギュア独特な塗装のサフレス塗装をちょっと説明。

サフレス塗装とはサーフェイサ使わない塗装のことです!!(言葉のままですな・・・)

フィギュアのガレージキットはレジンキャストの色が白かアイボリーで整形されている場合が多いです。
サーフェイサを塗らずにこの下地の色を生かして塗装をしてしまうのです。

で、サーフェイサを塗らないと何がいいかというとレジン本来の透明感を生かして
綺麗な肌色が塗れるのが醍醐味ですね。
髪の毛もサフレスで仕上げる場合もありますが、髪の毛は中々に難易度が高いので
今回は肌色だけ説明です。


サフレスといってもそのままレジンに塗料を吹き付けても塗料の食いつきが弱く
剥がれてしまう可能性があります。
そこで塗料の食いつきを良くするためにプライマーというものを吹き付けておきます。

自分が良く使うのはガイアカラーのマルチプライマー。
これは無色透明で塗料の食いつきが凄まじく良いのでオススメです。
クレオスからもメタルプライマーという同じ様なものが出ていますが・・・・・やめておきましょうwwww
食いつきが弱くて使い物にならないレベルです。

IMG_0904.jpg

このマルチプライマーをエアブラシで吹き付けるのですが、どうしても鼻先などのとがった部分に
プライマーが乗りにくいのでとがった部分にプライマーが良く乗るように意識しながら吹き付けましょう。

プライマーを吹き付けたら乾燥させるのですが、プライマーは乾燥しても表面がペタペタしているので
ラッカークリヤーで軽くコーティングしましょう。


乾燥したら肌色の塗装です。
レジンが白やアイボリーの場合はレジン素材の色を白目として使えるので
マスキングテープを目に貼ります。

IMG_0907.jpg
適当な大きさにカットしたマスキングテープを貼り付けて白目にそってナイフで直接カットしちゃえ!
ナイフの刃が新品なら何も問題はないです。


で、肌色として吹き付ける塗料ですが、クリヤーにオレンジと赤(クリヤーオレンジとクリヤーレッドでも可)
とごく少量の白を混ぜた塗料を吹き付けるのですが、
最近は模型界も便利な世の中でして最初から調色されたものが売ってたりします。

ガイアカラー ミディアム サフレスピンク/オレンジ セット《塗料》ガイアカラー ミディアム サフレスピンク/オレンジ セット《塗料》
()
ガイアカラー

商品詳細を見る

こういうのをつかって調色すると楽ですね!


IMG_0908.jpg
自分が調色したのはこんな感じ。極少量の白を混ぜておくと少し色が柔らかくなります。


IMG_0909.jpg
まず調色した色を影となる部分に吹き付けます。
鼻の両サイドや目の上、あごと首の境目あたりですかね?
失敗しないように少しずつ色を乗せていきましょう。
影が終わったら全体を均一に塗っていきます。
最初、色の噴きつけ加減が難しいかもしれませんが、すぐに慣れます。

が、もし失敗してしまったときはパーツをジップロックなどにほおりこんで
シンナー漬けにしましょう。プラモだと出来無いのですがレジンキットの場合はシンナーにつけても大丈夫!
綺麗に塗料だけ落ちてレジンは溶けません。
あ、ただツールクリーナー系の強いシンナーはやめときましょう。
自分は一度レジンがぼろぼろになっちゃいました(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ




次回は瞳の塗装だよ!!?

ガレージキットの作り方 色塗り編?

ちょっとイザナ君完成で燃え尽き状態ですが気分リセットするために
色々と他ごとを模索中です。イベントに使う展示台もグレードアップしたいしね。

このブログも前前回にガレキの作り方をのっけていたのですが
UPする順番が逆で1回間をおいちゃったけど節操無く続けるよ!!


前回気泡埋めまでいったので塗装のさわりを紹介です。

ガレージキットはおもにレジンキャストという素材で出来ているのですが
そのまま色を塗ってもあまり塗料の食いつきが良くありません。
マスキングテープを貼るだけで塗装が禿げてしまいます。

ので塗装の食いつきを良くするために下地処理がいります。
フィギュアの肌色部分はサフレス塗装という方法で塗るので肌色部分以外は
プライマーサーフェイサーというものを吹き付けます。

自分が使っているプラサフはコレ

ソフト99 99工房 ボデーペン プラサフ [HTRC2.1]ソフト99 99工房 ボデーペン プラサフ [HTRC2.1]
()
ソフト99(SOFT99)

商品詳細を見る


ソフト99 99工房 ボデーペン ホワイトプラサフ [HTRC2.1]ソフト99 99工房 ボデーペン ホワイトプラサフ [HTRC2.1]
()
ソフト99(SOFT99)

商品詳細を見る


車用のプラサフですがガレキに問題なく使えます・・・・というかコレが最強だと思われます。
へたなガレキ用プラサフよりも良質で大容量入っていて安いです。

あと模型店でよく売っているプラモ用のサーフェイサーは使えません。
プライマーという塗料の食いつきを良くする成分が入っていないので
マスキングテープ等を貼ると塗装が禿げてしまいますので注意してください。


サフ缶を噴く時のコツですが、噴く前にサフ缶をお湯(熱湯に近い物)につけて缶を暖めておきます。

IMG_0944.jpg
暖めることによってサフ缶の内圧が上がって細かい粒子で吹き出て薄く綺麗に塗れる&乾くのが早くなるのと
サフ缶を最後まで綺麗に使い切ることが出来ます。
ガスが無くなって最後まで噴けなくなるともったいないでしょ?ww

あ、間違っても鍋に入れたまま火にかけてはダメですよ!!
たぶん大爆発します!w事件ですよ!!ww


自分はグレーのプラサフとホワイトのプラサフを使っています。

IMG_0891.jpg
濃い色(黒、グレー系)で仕上げる場合はグレーで、淡い色(白、黄、ピンク系)で仕上げる場合はホワイトです。

全部グレーで塗ってその後白くすれば使い分けなくてもいいのですが
グレー→白にするのはとてもめんどくさいのでww


サフ噴いたら一度乾燥させて傷や気泡が無いかチェックしましょう。
もし傷等があったらまたペーパー掛けや気泡を埋めて必要なら再度サーフェイサーを噴きます。
綺麗になるまで繰り返しましょう。このあたりがかなりマゾぃね、ガレキ作りって(;´∀`)


で、パーツが綺麗なサフ状態になったらいよいよ色塗りです。
使う塗料は水性塗料よりもラッカー系塗料がやっぱり一番無難だと思います。
まぁ水性塗料でも塗れますけど塗膜がよわいのでオススメできません。

あと筆塗りでも塗れる(自分はぬれない(゜∀。)自慢です)のですが
やっぱりエアブラシがあったほうが簡単に、綺麗にぬれます。
筆塗りは超絶技量が要求されるので素直にエアブラシ&コンプレッサーを買っちゃいましょう!

最近だとタムコン フレア
コレね
とかエアブラシとコンプレッサーがセットになってて1万円以下とかで売っているので
最初はコレで十分だと思います。自分は使ったこと無いけどな!!ww
ただ性能的には自分の使っているエアブラシ&コンプレッサーと大差ないので
自分レベルの塗装なら出来ると思います。
たぶんウレタン塗料とか高出力必要な塗料は無理かな?



あー、時間がなくなったので以下次号!!!!!www

ガレージキットの作り方 その2

自分は自作ガレージキットの色を塗っているときが一番楽しくてハイテンションです!

まぁ、色塗り終わって完成したの見ていると
粗を探すようになってだんだん落ち込んでいくのですが・・・orz

というわけでイザナ君の塗装に夢中でブログ書く暇がありませんでした!
艦これもやってないです。ソレぐらい夢中でした。
色塗り終わって完成品をUPしたいところですが
前回よく分からないガレージキット講座を始めちゃったもんだから
何だかんだで続きを書きます。


で、前回パーツを切り離すとこまででしたので次は仮組みに入ります。

ガレージキットはプラモの様にスナップオンで作れるようなダボ穴があることはまれなので
仮組みするにも軸打ちという真鍮線などを軸として埋め込む作業が必要なんです。
コレが結構難しい・・・ので、出来るだけ簡単な方法だと次の2種類あります。


必要な道具は1mm、1.5mm程度の真鍮線。コレは焼き入れされてまっすぐのヤツがいいです。
焼入れされていない巻き線で売っているやつは軸打ちには使えません。
通常は1.5mmの真鍮線が強度的にちょうどいいと思います。
1mmのは細いパーツで1.5mmの穴もあけれないようなところに使っていけばいいと思います。

あとピンバイス。1mm~3mmぐらいまで各サイズ欲しいです。

まず貫通法です。
これは貫通させても完成後には表に穴が見えないようなパーツに使っていけます。
ただ、穴が表に見えてしまうパーツでも穴を埋める技術があるならすべて貫通法で
軸打ちしても良いかもしてません。
IMG_0885.jpg

とりあえず1パーツ目の軸打ちたいところにバイスを貫通させます。


IMG_0886.jpg

そして1パーツ目とつながる2パーツ目を押し当てながらそのままバイスで2パーツ目に穴を開けます。
コレで正確な軸が打てます。


でもう一つが貫通できないようなところに軸を打ちたい場合ですが、
まぁ、とりあえず1パーツ目に穴を開けます。

IMG_0887.jpg

穴が開いたら適度な長さの真鍮線を差し込んでおきます。


で、相手側の2パーツ目ですが、先ほどの1パーツ目に開けた穴よりも一回り大きな穴を開けてしまいます。
1パーツ目が1.5mmの穴だったなら2.5~3mmの穴を開けてしまいましょう。

IMG_0888.jpg

穴を開けたらその穴にMr.SSP瞬間接着パテ(アルテコパテ)を詰めちゃいましょう。
ssp.jpg
SSPパテとはコレのことです。量販店でも売ってるかな?
ただ量販店で買うにはパッケージがちょっと恥ずかしいですwwww
まぁガレージキットをつくろうなんて人は間違いなく勇者関係の人だと思うので問題ないでしょう!

そしたら1パーツ目の軸打ちをする面にメンソレータム等の離形剤になるものを沢山塗っちゃいましょう。
離形剤が少ないとパーツが取れなくなりますww
で、1パーツ、2パーツをムニュっとくっ付けてしまいましょう。
そうしたらパテが硬化するまで(5分ぐらい?)気合で手で保持していましょう。
パテが硬化したら軸打ちの完成です。

ポリパテ等の硬化時間が短いパテでもいけますがSSPパテが一番手っ取り早くて綺麗にできます。



あともう一つ、ガレージキット特有なメンドクサイ作業が気泡埋めですね。
メーカー品の高品質なガレージキットにも気泡は入っていることが多いので
個人製作のガレージキットに至っては気泡が無いのがおかしいぐらいですw
真空脱泡等の処理がしてあっても気泡は基本入ってますね。


気泡埋めは、まず気泡のある部分をナイフで抉り取ります。
気にせず豪快にえぐりましょう!!w

IMG_0889_20140516052104650.jpg

自分のキットの場合は圧力脱泡してあるので気泡は少ないですね(ドヤ顔)

で抉り取った部分にSSPパテの粉のみとシアノンDWという瞬間接着剤を混ぜたものを埋め込みましょう。

IMG_0890.jpg

シアノンはこれです
瞬間接着剤 シアノン DW瞬間接着剤 シアノン DW
()
高圧ガス工業株式会社

商品詳細を見る


なんでSSPパテの硬化剤ではなくシアノンを使うのかというと
シアノンのほうが加工性がいいのが1つと、
SSP硬化剤は薄紫色なのですがシアノンは白い!!

フィギュアの場合はサフレス塗装というサーフェイサーつ使わず
母材のレジンの色を生かした塗装をすることが多いのですが、
薄紫色ではちょいとサフレス塗装は出来ません。
ですが白いシアノンDWならほとんど目立たないのです。

でで、SSP+シアノンが硬化したら240番ぐらいのペーパーヤスリで形を整えましょう。
これで仮組みまでは出来るはずです。

IMG_0883.jpg

仮組みをして各パーツの当りを取ったらバリ等を綺麗にしましょう。
240番、400番、600番、800番とペーパーヤスリ等の番手を順番に上げながら磨いていきましょう。
コレが一番メンドクサイですが頑張りましょう!w


次回は塗装かな?続くのかな????

突如始まる適当なガレキ講座

巨大ロボアニメだと思って見始めたアニメ「キャプテン・アース」は
巨大オパイアニメでしたよこんにちは!

今期のアニメはイッパイ見ようと思っておりますがなかなかに時間が無いものですな、やっぱ。
一応見ているのは、シドニアの騎士、ジョジョ、キャプテンアース、
撮っているけど見れていないのがピンポン。

個人的にはピンポンよりもZEROが好きなのですが、まぁ映像化はしないでしょうな・・・地味だから。


イザナ君なんですがね、今色塗り中でブログで描くことがないのよ。
だからね、誰でも出来る?ガレージキット製作講座なんて始めちゃっていいですかね?


そもそもガレージキットとは何ぞや?なんですが
主にロボやフィギュアの模型。プラモじゃない何かww

昔、溶剤の匂いがきついので車のガレージで作っていたからガレージキットというらしい?ですが
プラモの様に企業が工場で生産するものではなくて
個人が(ガレージキット制作会社も少数ありますが)趣味で原型製作から複製まで製作を行ったものです。

素材としてはレジンキャストというものが主に使われています。


というわけで玉数自体がとても少なく、模型が趣味でも作ったことが無いなんてざら。
自分が学校から社会人になるまでガレキ作ったことある・作っているという人は
今まで1,2人しか会ったことありません。

知っていても何だか難しそう&結構高額なので手を出さないという人が大半なのではないでしょうか。



でもね、個人的にはね、フィギュアに関していえばプラモ全塗装するよりも楽に作れると思う。
(ぁあ、ロボ物の(FSS等)のガレージキットは上級者向けねww)
ガンプラかっこよく作れないオッサンが作れるんだから道具さえあれば誰でも作れちゃうと思う!
ので!唐突にガレキ製作講座を始めちゃうのです!!



なにはともあれガレキがプラモと違うところは
買った状態で色塗ると色が剥げちゃうのよ。
なんでかって、複製段階で部品表面に離形剤が付いているから。
ソレをとりあえず落としてしまいましょう。

離形剤落しがメーカー各社から出ていますが結構コレが高い!
ので、自分はこれ使ってます。


IMG_0894.jpg

車様のパーツクリーナーです。シリコン等の添加物が入っていない一番やっすいやつがいいです!w
1本250円ぐらいかな??
コレをパーツにどばーっとぶっかけちゃいましょう!
かなり強力なのでほぼコレだけで離形剤は落ちちゃうでしょう。

ただ強力なので間違ってもプラモにかけてはいけませんよ?
多分溶けますw


で次はバリを切り落とします。
ガレージキットには必ずと言っていいほどパーティングライン(分割ライン)やバリがあります。
コレをきれいにしなきゃ仮組みも出来ないのです。

必要な道具は


IMG_0895.jpg

ニッパーとデザインナイフ。

ニッパーは・・・・何でもいいやwwある程度切れればいいです。
ただプラモでもそうなんですがパーツぎりぎりまでニッパーで切ってはダメ!

1~2mmぐらいは残して切りましょう。

でその残った部分をデザインナイフで綺麗に切り取っていきます。
ナイフはすぐ切れなくなりますが切れ味落ちたらすぐに刃を替えちゃいましょう。
そこはケチるところではないです。

綺麗に切り取ったら240番程度の耐水ペーパー等でバリを綺麗にしていきましょう。



とりあえず今日はここまで!!



また次回!!!(あるのか???続くのか・・・?????)
プロフィール

貝

Author:貝
お父さんガレキとか作ってます。
ご意見、ご要望、
叱咤、言葉攻め等ございましたら
コメントにドウゾ・・・・
ツイッターもタマーにつぶやきます・・・
@nakedkaiowとやらです・・・

連絡先はコレです。
cfj43220_2●me.com(●を@に置き換えてください)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ほうもんしゃすう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/* あし@バナー消去 ──────────────────────── */ .ashi iframe{ display:none; }